ワキガに逆効果!?制汗剤はここに注意

MENU

ワキガに逆効果!?制汗剤はここに注意

ワキガに逆効果!?制汗剤はここに注意

 

制汗剤によってワキガに逆効果になるってことをご存知でしたか?ドラッグストアやディスカウントストアに行くとたくさんの種類があるので、とりあえず安い商品やTVCMでおなじみの制汗剤を購入することがあるでしょう。しかし制汗剤によってワキガに逆効果になる場合もあり、せっかく効果を期待したのにニオイが悪化なんてことだけは避けたいですよね。

 

ワキガは体臭のなかでもとくに恥ずかしい悩み。最近は食生活の変化や生活習慣の乱れにより、若い年齢層の人にもワキガ体質がとても増えているのです。そこでどうすれば正しいニオイ対策ができるか、制汗剤でワキガに逆効果になるケースについて詳しく見ていきましょう。

 

制汗剤がワキガに逆効果になるのは

  • ワキガかどうか判断する
  • ワキガにあった殺菌成分を選ぶ
  • 香料入りは注意
  • 軽度の体臭の人
  • 間違った汗対策

以上5つのポイントを詳しくご説明します。

 

制汗剤を購入する前にワキガかどうかを判断する

制汗剤は自分の肌に合ったもので、ニオイの原因に対処できる成分が配合されているかどうかが大切なチェックポイントです。制汗剤といっても種類は様々。多くの人が利用しているスプレータイプをはじめ、ロールオン・スティック・シートタイプ・クリームタイプ・ミストタイプ・パウダータイプなどがあります。

 

これだけたくさんの制汗剤が存在するなか、それぞれのメリットやデメリットを理解して使用することが最も効果的なニオイ対策になります。汗をかくとツーンと不快なニオイが発生するワキガ。肌を綺麗にしても汗をかくとすぐにニオイがわかりますよね。

 

制汗剤がワキガに逆効果になるのは、基本的にワキガ用を使っていないため。一般的な汗のニオイを抑えるならスプレータイプでもよいのですが、ワキガの人がスプレーを使っても一時的にニオイがごまかされるだけ。そこで正しくワキガケアをするためにも、まずはワキガかどうかを判断しましょう。

 

チェックしたいところは耳垢。ワキに多く集中するニオイの原因となるアポクリン腺は耳の中やデリケートゾーンにも多く集まっています。綿棒で耳垢をチェックしてカサカサであればOK。逆にじっとり湿っている場合はアポクリン腺が多いサインなのでワキガの可能性がありますよ。

 

ワキガ原因にあった有効成分が配合されたものを使うこと

制汗剤でワキガが逆効果にならないようにするためには、ワキガにあった殺菌成分が配合された制汗剤を選びましょう。そもそもワキガ体質でない人はシートタイプの制汗剤だけでもニオイは十分に抑えられます。

 

抗菌剤のフェノールなどが含まれた一般的な制汗剤は汗のニオイ菌にメリットがありますので、スプレーやロールオンでポイント的に使うとさらに消臭効果が高くなりますよね。

 

でもこのような一般的な制汗剤は体臭のレベルが低い人向けで、ワキガのような特殊なニオイの仕組みがある場合には、ワキガ菌対策ができる殺菌成分と抑汗成分が必要なのです。

 

ワキガはアポクリン腺からでた汗が皮膚に住む常在菌が分解することによりあの嫌なニオイが発生。この菌の活動を抑えるためには有効成分の「イソプロピルメチルフェノール」などの殺菌成分「パラフェノールスルホン酸亜鉛」などの汗を抑える有効成分が入っていないと効果が期待できません。

 

制汗剤にワキガ用と表示されているかどうか必ず購入の際にチェックしてみましょう。一般的なスプレーのデオドラント剤で油断していると、ワキガが改善されず逆効果になってしまいますよ。

 

人口香料入りはワキガ臭と混ざりさらにニオイが悪化!

制汗剤でワキガに逆効果になりやすいものは香料がしっかり配合されたタイプ。フローラル系、フルーティ、せっけんの香りなどテスターの香りをチェックするとどれも魅力的ですよね。しかし注意したいこれらの人口香料は肌に負担になり、乾燥や肌荒れの原因になってしまいます。

 

またスプレーした直後に香水のような強い香りが残るタイプは、ワキガ臭と混ざりさらに変なニオイになってしまうのです。制汗剤をスーパーやドラッグストアで購入するときは、きっとほとんどの人が香り付きタイプを選ぶと思います。ニオイは香りで隠すのでなく、根本原因をブロックしないといけませんよ。

 

とくにワキガは無香料タイプでないと自分のニオイを正しく判断できず、制汗剤でワキガが逆に悪化することにもなりかねません。香料入りは使った瞬間香りでニオイが消えたような気がしますが、ニオイの元は残ったままで香りの分子が消えるに従い、どんどんニオイが強くアピールされてしまいます。

 

軽度の体臭の人は全身に制汗剤を使うとデメリットに!

制汗剤によっては体臭が強くなってしまう場合があります。私たちの皮膚には表皮ブドウ菌と呼ばれる善玉菌があり、汗や皮脂を餌にして繁殖する悪玉菌を抑える働きをしています。

 

制汗剤の殺菌成分が強いタイプを全身に使用すると、善玉菌までも死滅してしまうため、肌本来の抗菌の働きが低下してしまいニオイがさらに悪化してしまいます。軽度の体臭の人にはスプレーなどの制汗剤がオススメですが、ニオイのレベルにあっていない制汗剤を使うと逆効果になることもありますよ。

 

例えばスプレータイプの制汗剤を全身にスプレーしたとしましょう。するとパウダー成分が汗腺を防いでしまい、体の体温調整として働く汗の働きが妨害されてしまい、さらに汗をかきやすくなることも考えられます。

 

クリームタイプはとくに肌に密着しますので、用法を守りワキやデリケートゾーンなどのポイントにしっかり使うと効果的ですよ。

 

間違った汗対策をするとワキガ臭が悪化する理由

ワキガは汗と菌が原因になりますので、元になる汗の量が減るほどニオイも軽減することになりますよね。しかし汗はニオイの発生源だけでなく人間の体にとっては、体温調整やデトックスなどの大切な働きも担っています。

無理やり汗を拭きとってしまうと逆に体温が上がりもっと汗をかいてしまうこともあるのです。汗が増えれば菌の活動も活発になりますので、ワキガ臭には逆効果。汗は気化して体温を下げてくれますので水分を取りすぎるような拭き方も注意が必要です。

 

一番良いのは消臭成分が配合されたでデオドラントシートを使い、皮膚表面の温度を適度に冷やしながら汗を拭きとると効果的。またお風呂から出た後は体温が高いので、しばらく汗が止まりませんよね。この間は自然と汗が引くのを待ってからワキガクリームなどの制汗剤を使用して汗対策を行いましょう。

              

関連ページ

クリームタイプは制汗にメリット!デメリットはある?
ワキガクリームはワキガに特化した制汗剤で効果が高いことから、最近ニオイ対策として注目されていますよね。ワキガクリームだからこそできるニオイ対策があり、しっかり治したい人にはワキガクリームがオススメなのです。ワキガクリームを使うメリットとデメリットについてみていきたいと思います。
子供の臭い対策にクリームを使っても大丈夫?
ワキガというととうしても大人ばかりにターゲットが置かれてしまいますが、小さい子供でもワキガの悩みを抱えている場合がありますよね。ワキガクリームでワキガを治すのは、子供の場合は適しているのか、またどのようなワキガクリームが使えるのか子供のワキガ対策についてみていきましょう。
スプレーじゃダメ?クリームが向いている人の特徴を解説!
近年とても話題を集めているワキガクリーム。ワキガ対策として効果が高い制汗剤ですが、どんな人が使うべきなのかワキガクリーム向きの人の特徴についてみていきたいと思います。
敏感肌でも使える?クリーム選びのポイントを解説!
デオドラント剤も肌タイプに合わせてえらばないといけない為、敏感肌だとさらに選択肢が少なくなってしまいますよね。ワキガクリームは敏感肌の人はどんな点に注意して選ぶべきなのか、また肌が弱い人は日頃どんな対策をするとよいのか覚えておきたい大切なポイントをご紹介したいと思います。
10代でおすすめのクリームを見つけるためのコツを解説!
ワキガクリームのおすすめはどれを使えばいいのか、ワキガ症状の度合や肌タイプによっても選ぶものが違います。10代は体がまだ発育途中で代謝も活発です。ワキガが原因で友達からからかわれてしまうこともあるかもしれません。コンプレックスになる時期なのでしっかり対処できるワキガクリームを選びましょう。
知らないと損!ワキガクリームのメリットとは
ワキガクリームは普通のスプレー制汗剤よりも優れた点が色々あるのですが、まだメリットを正しく理解していない人も多く存在しています。ワキガにはなぜワキガクリームがいいのか、知らないと損をする瞬間についてご紹介しましょう。
デメリットを知った上でうまく使いこなそう!
デオドラントはスプレーじゃないとダメ、という人もいると思いますが、どんな制汗剤もメリットとデメリットがあります。ワキガクリームのデメリットになることってどのような点が挙げられるのでしょうか。正しく使うためにもワキガクリームのデメリットについて詳しく見ていきましょう。
消臭成分が効果の決め手!主な成分の特徴と効果を解説!
ワキガクリームの成分はなぜワキガの悪臭に対抗できるのかちょっと気になりませんか。デオドラント商品で使用される消臭成分は色々ありますので、ワキガにはどのような成分がいいのか正しく判断するためにも、消臭効果が高い成分についていくつか見ていきたいと思います。
自分ではわからないワキガ!そのチェック方法とは?
自分ではわからないワキガ、そのチェック方法とは色々ありますが大切なのはニオイを自覚して適切な対処をすることです。自分ではわからないワキガ、そのチェック方法とはどうすればいいのか、洋服で確認する方法をご紹介したいと思います。
子供も?ワキガの人が増えてる理由は?食生活の変化に注目
ワキガの人が増えてるといわれていますが、様々な要因があるなか特に注目したいのが食生活です。食文化の変化は体臭にも影響を与えワキガの人が増えてる原因にもなっています。そこで早速ですが、食生活によるワキガ原因、どのような点を注意するべきなのか、また食べ物によりニオイが強くなる仕組みについてご説明したいと思います。
スソガもワキガクリームで改善できる!その理由を解説
スソガって女性独特の悩みでどんな解決策があるのか、友達に相談するのも恥ずかしいことですよね。そのため自己流でケアする人がとても多く、なかなか効果的なスソガ対策ができない現状があります。スソガにはワキガクリームがとても良いということは一部の方は既にご存知だと思いますが、なぜワキとデリケートゾーンが同じもので消臭できるのかちょっと不思議に感じませんか。そこでスソガの悩みをお持ちの人にぜひ知っておいてほしいのがワキガクリームでスソガが改善できる理由について。ワキガとスソガのメカニズムを理解すると正しい対策を見つけやすくなりますよ。
ワキガが治らない!手術で治す方法とリスクを解説
ワキガが治らない時、市販のスプレーやロールオンの制汗剤だと効果が十分に感じられないことがありますよね。重度のワキガの場合には手術で治すことも可能。しかし手術はメリットだけでなくデメリットやリスクについても理解しないといけませんので、ワキガが治らない悩みを抱えている人は気軽に手術を考える前に慎重に判断してください。そこで早速ですが、ワキガが治らない場合の手術による改善策、どのような手術方法やリスクがあるのか詳しく見ていきましょう。
このページの先頭へ