デメリットを知った上でうまく使いこなそう!

MENU

デメリットを知った上でうまく使いこなそう!

デメリットを知った上でうまく使いこなそう!

 

デオドラントはスプレーじゃないとダメ、という人もいると思いますが、どんな制汗剤もメリットとデメリットがあります。ワキガクリームのデメリットになることってどのような点が挙げられるのでしょうか。

 

クリームだと汗をかいた時にべたつきそうなイメージはまず頭に浮かびますよね。しかしそれだけでなくワキガクリームを使わない人にはいくつか気になるデメリットがあるようです。そこで正しく使うためにもワキガクリームのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

 

ワキガクリームのデメリットは

  • ドラッグストア商品は効果が少ない
  • 値段が高い
  • 効果がすぐに現れない
  • 広範囲で使えない
  • べたつく

以上5つの気になる点についてご説明します。

 

ドラッグストアの商品だと消臭効果が少ない理由

ワキガクリームを使ってみようと思い、近所のドラッグストアで購入したらあまり効き目がなくて失敗したという経験はありませんか。制汗剤を買う時は商品を実際に手に取って確かめたいことが色々ありますよね。

 

ドラッグストアで販売しているワキガクリームの効果が弱いのは、殺菌や制汗の有効成分が少ないため。入っていても含有量が少ないので頑固なワキガには効果が期待できません。

 

ドラッグストアなどの店頭で買える商品はとても値段が安いので、試しに使ってみようと気軽に購入できますが、結局それを繰り返していると無駄使いにもなってしまいますよね。自分のワキガにぴったりあう制汗剤を見つけて、長く使うことが一番理想的です。

 

スプレーよりも値段が高いワキガクリーム

ワキガクリームの価格相場は1000円~5000円ぐらいの商品が多いですよね。スプレータイプやスティックタイプなら1000円以下で買えるので、値段だけを見ると一般的に使われているスプレーのほうがお得です。

 

でも1本1か月もしないうちに使いきり何度も買い直しが必要ですし、何度もスプレーして使うので肌に負担になっています。肌のトラブルを改善するために塗り薬を購入すればさらにワキガ対策にかかる費用が高くなります。

 

ワキガクリームは使ってみたいけど値段が高いと思う方は多いでしょう。しかし人気ランキングの商品を見ると、どれも初回限定の割引キャンペーンや定期購入の割引きなどもあります。長い目で考えると少量でも効果がでるので、ワキガクリームのほうがお得になりますよ。

 

即効性が少ないデメリット

ワキガクリームを塗っても、すぐにニオイが発生するという意見があります。即効性がないワキガクリームのデメリットですが、場合によっては利用者の使い方があってないこともあるのです。

 

スプレータイプの制汗剤はニオイが気になる時にいつでもシュッとひと吹きすればそれで終わり。香料が入っているのでワキガ臭をごまかせます。この香りのおかげで消臭の即効性があるように見えるのですが、効果は一時的なもので根本からはなにも改善されていない状態なんです。

 

ワキガクリームを塗る時は汗を綺麗にふき取ってから塗ること。雑菌が繁殖してからクリームを塗っても殺菌効果が100%発揮されるわけではありません。そのため即効性がないと思う人もいるかもしれませんが、ワキガクリームは有効成分をしっかり肌に浸透させて根本から改善するものなので、使うほど効果を感じられますよ。

 

スプレーのように広範囲で使えない

ワキガクリームはデオドラント商品で主流のスプレータイプと比較すると、ボディや背中など広範囲に使うのはちょっと大変ですよね。ワキガクリームのデメリットにもなる点ですが、そもそもワキガクリームにどんなことを期待しているか、クリームの特徴を正しく理解しないといけません。

 

ワキガクリームはワキガに特化した制汗剤なので、普通の汗臭い体臭予防のようにスプレーで全身をケアするものではありません。アポクリン腺が多い体の部位に特化した効果があるので、背中や腕など大きなパーツに使う時はスプレータイプと併用するとよいでしょう。

 

クリームのテクスチャーによってはジェルタイプで肌に伸びやすいものがありますので、広範囲で使いたいという時はクリームの質にこだわってみるのもいいかもしれませんね。

 

クリームは肌にべたつくことがある

ワキガクリームのデメリットになるのがべたつき感。クリームなので汗をかく季節だと、洋服についてべたべたしそうですよね。また洋服にクリームが触れてしまうと衣類にシミができるのも心配です。

 

安価なワキガクリームだとこのようなべたつきが激しいテクスチャーのタイプもありますので、さらっと使えるワキガクリームを使いたい時は人気ランキングでヒットしている商品がオススメです。

 

制汗剤の使用感はとても大切なので、実際に肌につけてチェックしたいという方は返金保証のあるワキガクリームを使ってみましょう。返金保証される期間はそれぞれの商品の若干違いますので、長い返金保証期間を設けている商品のほうが、さらに長くお試しできるのでお得です。

              

関連ページ

クリームタイプは制汗にメリット!デメリットはある?
ワキガクリームはワキガに特化した制汗剤で効果が高いことから、最近ニオイ対策として注目されていますよね。ワキガクリームだからこそできるニオイ対策があり、しっかり治したい人にはワキガクリームがオススメなのです。ワキガクリームを使うメリットとデメリットについてみていきたいと思います。
子供の臭い対策にクリームを使っても大丈夫?
ワキガというととうしても大人ばかりにターゲットが置かれてしまいますが、小さい子供でもワキガの悩みを抱えている場合がありますよね。ワキガクリームでワキガを治すのは、子供の場合は適しているのか、またどのようなワキガクリームが使えるのか子供のワキガ対策についてみていきましょう。
スプレーじゃダメ?クリームが向いている人の特徴を解説!
近年とても話題を集めているワキガクリーム。ワキガ対策として効果が高い制汗剤ですが、どんな人が使うべきなのかワキガクリーム向きの人の特徴についてみていきたいと思います。
敏感肌でも使える?クリーム選びのポイントを解説!
デオドラント剤も肌タイプに合わせてえらばないといけない為、敏感肌だとさらに選択肢が少なくなってしまいますよね。ワキガクリームは敏感肌の人はどんな点に注意して選ぶべきなのか、また肌が弱い人は日頃どんな対策をするとよいのか覚えておきたい大切なポイントをご紹介したいと思います。
10代でおすすめのクリームを見つけるためのコツを解説!
ワキガクリームのおすすめはどれを使えばいいのか、ワキガ症状の度合や肌タイプによっても選ぶものが違います。10代は体がまだ発育途中で代謝も活発です。ワキガが原因で友達からからかわれてしまうこともあるかもしれません。コンプレックスになる時期なのでしっかり対処できるワキガクリームを選びましょう。
知らないと損!ワキガクリームのメリットとは
ワキガクリームは普通のスプレー制汗剤よりも優れた点が色々あるのですが、まだメリットを正しく理解していない人も多く存在しています。ワキガにはなぜワキガクリームがいいのか、知らないと損をする瞬間についてご紹介しましょう。
消臭成分が効果の決め手!主な成分の特徴と効果を解説!
ワキガクリームの成分はなぜワキガの悪臭に対抗できるのかちょっと気になりませんか。デオドラント商品で使用される消臭成分は色々ありますので、ワキガにはどのような成分がいいのか正しく判断するためにも、消臭効果が高い成分についていくつか見ていきたいと思います。
ワキガに逆効果!?制汗剤はここに注意
制汗剤によってワキガに逆効果になるってことをご存知でしたか?せっかく効果を期待したのにニオイが悪化なんてことだけは避けたいですよね。どうすれば正しいニオイ対策ができるか、制汗剤でワキガに逆効果になるケースについて詳しく見ていきましょう。
自分ではわからないワキガ!そのチェック方法とは?
自分ではわからないワキガ、そのチェック方法とは色々ありますが大切なのはニオイを自覚して適切な対処をすることです。自分ではわからないワキガ、そのチェック方法とはどうすればいいのか、洋服で確認する方法をご紹介したいと思います。
子供も?ワキガの人が増えてる理由は?食生活の変化に注目
ワキガの人が増えてるといわれていますが、様々な要因があるなか特に注目したいのが食生活です。食文化の変化は体臭にも影響を与えワキガの人が増えてる原因にもなっています。そこで早速ですが、食生活によるワキガ原因、どのような点を注意するべきなのか、また食べ物によりニオイが強くなる仕組みについてご説明したいと思います。
スソガもワキガクリームで改善できる!その理由を解説
スソガって女性独特の悩みでどんな解決策があるのか、友達に相談するのも恥ずかしいことですよね。そのため自己流でケアする人がとても多く、なかなか効果的なスソガ対策ができない現状があります。スソガにはワキガクリームがとても良いということは一部の方は既にご存知だと思いますが、なぜワキとデリケートゾーンが同じもので消臭できるのかちょっと不思議に感じませんか。そこでスソガの悩みをお持ちの人にぜひ知っておいてほしいのがワキガクリームでスソガが改善できる理由について。ワキガとスソガのメカニズムを理解すると正しい対策を見つけやすくなりますよ。
ワキガが治らない!手術で治す方法とリスクを解説
ワキガが治らない時、市販のスプレーやロールオンの制汗剤だと効果が十分に感じられないことがありますよね。重度のワキガの場合には手術で治すことも可能。しかし手術はメリットだけでなくデメリットやリスクについても理解しないといけませんので、ワキガが治らない悩みを抱えている人は気軽に手術を考える前に慎重に判断してください。そこで早速ですが、ワキガが治らない場合の手術による改善策、どのような手術方法やリスクがあるのか詳しく見ていきましょう。
このページの先頭へ