自分ではわからないワキガ!そのチェック方法とは?

MENU

自分ではわからないワキガ!そのチェック方法とは?

自分ではわからないワキガ、そのチェック方法とは色々ありますが大切なのはニオイを自覚して適切な対処をすることです。ワキガを含め体臭はとても嫌なもの。他人が通り過ぎた時にツーンとニオイが漂うととても不快になりますよね。もしかしたら知らない間に自分がニオイの犯人になっているかもしれませんよ。

 

自分ではわからないワキガ!そのチェック方法とは?

 

周囲からじろじろ見られた、距離を置かれる、そんな経験がある人は他人のニオイを心配する前に、まずは正しくチェックをしてみましょう。自分ではわからないワキガ、そのチェック方法とはどうすればいいのか、洋服で確認する方法をご紹介したいと思います。

 

自分ではわらないワキガ!そのチェック方法とは

  • 洋服のニオイ
  • 洋服の汗シミ
  • 汗取りパットの使い方
  • 最終判断する方法

以上4つの点についてみていきましょう。

 

洋服のニオイでわかるワキガのチェック方法について

自分ではわからないワキガ、そのチェック方法とは他人に聞くのはとても恥ずかしいことですよね。まずは自分でできる確認方法でスタートしてみましょう。

 

一日身に着ける洋服は汗や皮脂など体からでる老廃物のニオイがわかりやすいので、ワキガかどうかチェックする際にもぜひ確認したいところのひとつです。洗濯したはずのシャツを着た時に、ワキの部分から汗臭いような変なニオイがしたことはありませんか。

 

ワキガはアポクリン腺からでる汗と皮膚の菌が原因になっています。繊維が汗を吸収するとその中で菌が繁殖しますので、洋服にはニオイが長く残りやすい特徴がありますよ。

 

まず夜服を脱いだ時に、ワキの部分のニオイをチェックしてください。ツーンとくる玉ねぎのようなニオイスパイスのような刺激臭、または雑巾の生乾きのような不快なニオイがするときはワキガの可能性が高いといえるでしょう。

 

ワキガかどうか実際にワキに鼻を近づけるのはちょっと大変。でも洋服ならしっかりニオイがわかるので、心配な人は洋服でワキガチェックをしてみましょう。汗は全身からかくものですが、アポクリン腺が多いワキは背中などのボディとは違った独特なニオイがありますので、洋服も色々な部位のニオイで比較してください。

 

洋服に汗シミが残ってる?色やシミでチェックする方法

白いシャツのワキが黄色くシミになることってありますよね。多くの場合は制汗剤の着色料が繊維に付着してできるシミなのですが、ワキガの人は汗に色がついているので、汗シミが蓄積されるとシミが洋服にも残っています。

 

アポクリン腺とエクリン腺というふたつの汗腺。ワキに多く存在するアポクリン腺からでる汗は糖質、たんぱく質、脂質、脂肪酸、ステロイドなど色々な成分が混ざっています。これらの成分を皮膚の常在菌が分解してあの嫌なニオイが発生するのですが、ワキガはニオイだけでなく「リポフスチン」と呼ばれる色素も含まれています

 

ワキガは人それぞれニオイの度合が違いますよね。強度になるほど色素成分も多く分泌されていますので、洋服のワキの部分にあたるところが黄ばんでしまうのです。ワキガによる汗シミは個人差があり、例えば体臭が強い外国人の場合は白い衣類が黒くなるほど濃くワキガのシミが残ってしまうこともありますよ。

 

日本人の汗の質はこれほど濃いシミを作ることはほとんどありません。黄色~茶褐色系のシミになることが多いので自分ではわからないワキガ、洋服のシミの付き方や色からも判断してみましょう。

 

汗取りパットを活用してワキガチェックをしよう

自分ではわからないワキガ、そのチェック方法を確実に行うには汗取りパットがオススメです。シミをチェックするには白い洋服のほうがわかりやすいので、そのために毎日無理に白い服を選ぶ人もいるでしょう。

 

またワキガ体質は発汗量も多い傾向がありますので、暑い日にワキ汗を大量にかいてしまうと恥ずかしいですよね。衣類に汗と菌が残ってしまうとたとえ肌をデオドラントシートで綺麗に拭いても、衣類から再び肌にニオイ菌がついてしまいます。この悪循環を予防するためにも汗取りパットが活躍してくれますよ。

 

夕方汗取りパットのニオイを嗅いでワキガ臭がするかどうか確認してください。ニオイチェックするときは制汗剤を使うと正確に判断できないので、一日制汗剤なしで過ごすか、数時間だけ汗をかいてチェックするなどタイミングも合わせてみましょう。

 

汗取りパットなんて人に見られたらちょっと恥ずかしいという人もいるでしょう。でも最近は色々なタイプがあり、ほとんど目立たない洋服に貼り付けるタイプが人気。でも失敗するのが汗取りパッドが動いているうちにずれたり、はがれてしまうというケースです。

 

洋服の素材によってしっかり貼りつかない場合もありますが、汗を吸収してからつけても粘着力が弱くなる原因。そこでぜひトライしていただきたいのが、夜寝る前に洋服に汗取りパッドをセットしておくことです。これなら朝の着替えが楽で、ワキガチェックもしっかりできますよ。歩いている途中にパットが落ちたなんて事態は避けたいですね。

 

洋服だけで判断できない時の最終チェック方法

自分ではわからないワキガ、そのチェック方法とは衣類のニオイや汗シミのチェックが簡単ですが、洋服だと洗剤や柔軟剤のニオイなどでワキガが正確に判断できない場合もあります。洋服のニオイでもしかしたら?と疑いがある場合は最終的なチェックポイントを確認してください。

 

まずワキガ原因となるアポクリン腺を調べる方法ですが、ワキ以外にも耳のなかにも多く集まっていますので綿棒で耳垢を取り、じっとり湿っている場合はワキガの可能性があります。またデリケートゾーンもアポクリン腺が多いため、下着を脱いだ時にツーンとニオイがする場合もワキガ体質の可能性があるといえるでしょう。

 

ワキガは汗臭いニオイとは種類が違いますし、ニオイ対策も異なります。エチケットとしてだけでなく自分の魅力を発揮するためにもニオイケアは正しく行う必要がありますので、ワキガかどうかあらゆるチェックポイントから確認してください。

 

ワキガだとわかっても心配する必要はありませんよ。ワキガ専用の制汗剤や生活習慣を改善してニオイを軽減することは可能です。少しでも早くワキガであることを自覚して、正しいニオイ対策をはじめてくださいね。

              

関連ページ

クリームタイプは制汗にメリット!デメリットはある?
ワキガクリームはワキガに特化した制汗剤で効果が高いことから、最近ニオイ対策として注目されていますよね。ワキガクリームだからこそできるニオイ対策があり、しっかり治したい人にはワキガクリームがオススメなのです。ワキガクリームを使うメリットとデメリットについてみていきたいと思います。
子供の臭い対策にクリームを使っても大丈夫?
ワキガというととうしても大人ばかりにターゲットが置かれてしまいますが、小さい子供でもワキガの悩みを抱えている場合がありますよね。ワキガクリームでワキガを治すのは、子供の場合は適しているのか、またどのようなワキガクリームが使えるのか子供のワキガ対策についてみていきましょう。
スプレーじゃダメ?クリームが向いている人の特徴を解説!
近年とても話題を集めているワキガクリーム。ワキガ対策として効果が高い制汗剤ですが、どんな人が使うべきなのかワキガクリーム向きの人の特徴についてみていきたいと思います。
敏感肌でも使える?クリーム選びのポイントを解説!
デオドラント剤も肌タイプに合わせてえらばないといけない為、敏感肌だとさらに選択肢が少なくなってしまいますよね。ワキガクリームは敏感肌の人はどんな点に注意して選ぶべきなのか、また肌が弱い人は日頃どんな対策をするとよいのか覚えておきたい大切なポイントをご紹介したいと思います。
10代でおすすめのクリームを見つけるためのコツを解説!
ワキガクリームのおすすめはどれを使えばいいのか、ワキガ症状の度合や肌タイプによっても選ぶものが違います。10代は体がまだ発育途中で代謝も活発です。ワキガが原因で友達からからかわれてしまうこともあるかもしれません。コンプレックスになる時期なのでしっかり対処できるワキガクリームを選びましょう。
知らないと損!ワキガクリームのメリットとは
ワキガクリームは普通のスプレー制汗剤よりも優れた点が色々あるのですが、まだメリットを正しく理解していない人も多く存在しています。ワキガにはなぜワキガクリームがいいのか、知らないと損をする瞬間についてご紹介しましょう。
デメリットを知った上でうまく使いこなそう!
デオドラントはスプレーじゃないとダメ、という人もいると思いますが、どんな制汗剤もメリットとデメリットがあります。ワキガクリームのデメリットになることってどのような点が挙げられるのでしょうか。正しく使うためにもワキガクリームのデメリットについて詳しく見ていきましょう。
消臭成分が効果の決め手!主な成分の特徴と効果を解説!
ワキガクリームの成分はなぜワキガの悪臭に対抗できるのかちょっと気になりませんか。デオドラント商品で使用される消臭成分は色々ありますので、ワキガにはどのような成分がいいのか正しく判断するためにも、消臭効果が高い成分についていくつか見ていきたいと思います。
ワキガに逆効果!?制汗剤はここに注意
制汗剤によってワキガに逆効果になるってことをご存知でしたか?せっかく効果を期待したのにニオイが悪化なんてことだけは避けたいですよね。どうすれば正しいニオイ対策ができるか、制汗剤でワキガに逆効果になるケースについて詳しく見ていきましょう。
子供も?ワキガの人が増えてる理由は?食生活の変化に注目
ワキガの人が増えてるといわれていますが、様々な要因があるなか特に注目したいのが食生活です。食文化の変化は体臭にも影響を与えワキガの人が増えてる原因にもなっています。そこで早速ですが、食生活によるワキガ原因、どのような点を注意するべきなのか、また食べ物によりニオイが強くなる仕組みについてご説明したいと思います。
スソガもワキガクリームで改善できる!その理由を解説
スソガって女性独特の悩みでどんな解決策があるのか、友達に相談するのも恥ずかしいことですよね。そのため自己流でケアする人がとても多く、なかなか効果的なスソガ対策ができない現状があります。スソガにはワキガクリームがとても良いということは一部の方は既にご存知だと思いますが、なぜワキとデリケートゾーンが同じもので消臭できるのかちょっと不思議に感じませんか。そこでスソガの悩みをお持ちの人にぜひ知っておいてほしいのがワキガクリームでスソガが改善できる理由について。ワキガとスソガのメカニズムを理解すると正しい対策を見つけやすくなりますよ。
ワキガが治らない!手術で治す方法とリスクを解説
ワキガが治らない時、市販のスプレーやロールオンの制汗剤だと効果が十分に感じられないことがありますよね。重度のワキガの場合には手術で治すことも可能。しかし手術はメリットだけでなくデメリットやリスクについても理解しないといけませんので、ワキガが治らない悩みを抱えている人は気軽に手術を考える前に慎重に判断してください。そこで早速ですが、ワキガが治らない場合の手術による改善策、どのような手術方法やリスクがあるのか詳しく見ていきましょう。
このページの先頭へ