ワキガが治らない!手術で治す方法とリスクを解説

MENU

ワキガが治らない!手術で治す方法とリスクを解説

 

ワキガが治らない時、市販のスプレーやロールオンの制汗剤だと効果が十分に感じられないことがありますよね。重度のワキガの場合には手術で治すことも可能。

 

しかし手術はメリットだけでなくデメリットやリスクについても理解しないといけませんので、ワキガが治らない悩みを抱えている人は気軽に手術を考える前に慎重に判断してください。

 

そこで早速ですが、ワキガが治らない場合の手術による改善策、どのような手術方法やリスクがあるのか詳しく見ていきましょう。

 

ワキガが治らない!手術は受けるべき?

  • ワキガ手術の種類
  • コスト
  • リスクについて
  • 合併症
  • ワキガに特化したデオドラントを使ってみよう

以上5つの点をご説明します。

 

ワキガ手術の種類について

 

ワキガの手術なんてどうやるの?ってきっと不思議に思う人がいるでしょう。ワキガの手術は汗腺にアプローチするもので色々な方法があるため、自分の症状にあわせて治療方法や手術の手段を選択する必要があります。主に行われている手術方法には以下ものがあります。

 

切除法

 

汗腺のある部分の皮膚を切除する方法でかつてはメインのワキガ治療方法として人気。皮膚ごと取り除くので範囲が狭い人なら確実にワキガが治るメリットがありますが、皮膚を切除するとその部分をつなぎ合わせないといけませんので、切り取る範囲に限界があります。横3~5センチ、縦15~20センチが限度といわれています。

 

剪除法

 

現代のワキガ治療で多く行われているこの方法はワキを数センチ切開してそこから皮膚を裏返しアポクリン腺を除去する方法です。医師が目視で汗腺を確認して除去するため、技術力が求められるワキガ手術といえるでしょう。

 

皮下組織吸引法

 

吸引法はワキを数ミリ単位で切開して、そこから専用の管を差し込みアポクリン腺を吸い出す方法です。傷跡が残りにくいメリットがありますが、完全に吸引するは難しいともいわれています。

 

ビューホット

 

高周波を出す針を使い汗腺を破壊する方法。汗腺の深さに合わせて照射力を調整できることやメスを使わないので傷跡が残らないメリットがあります。

 

ミラドライ

 

マイクロ波を使い皮膚の上からアポクリン腺とエクリン線の破壊する方法。すぐに効果を実感できるメリットがあり、傷跡も残らずダウンタイムが少ないことも魅力です。

 

ワキガ手術のコストはいくら?

 

ワキガが治らない時は手術を受けることも手段のひとつ、気になるのはコストですよね。ワキガ手術は健康保険が適用される場合もありますが軽症の場合は保険診療が認められないことや、施術法によっては自己負担になるタイプもあります。

 

健康保険が適用の場合で手術費用は両脇で5万円自由診療だと両脇で30万円ほどかかります。ワキガ手術は剪除法などの特定の方法であれば、高額医療費の対象になる場合もありますので、病院で相談してみるとよいでしょう。

 

ワキガが治らないのはストレスだけでなく、深刻なコンプレックスになりますよね。常に人の視線が気になると緊張性の汗をかいてさらにアポクリン腺が活発になってしまうことも。

 

ワキガが重度の場合は通りすがりにニオイがバレてしまうこともありますので、どのような手術方法が適しているか、また予算面でも慎重に判断しましょう。

 

ワキガ手術のリスクについて

 

ワキガ手術はリスクが伴いますので、効果を期待するだけでなく細かい点も正しく理解してから手術することが大切です。手術の方法によっては外科的な施術になりますので、傷跡が残り回復するまでに時間がかかります。

 

切開した場合は腕の上げ下ろしができない時期が1週間ほど続いたり入浴ができないなど、また縫合した後に皮下出血したり皮膚の色素沈着も起こる可能性があります。女性だとこのような跡が残るのはかなり抵抗になりますので、レーザー照射の手術などが人気になっていますね。

 

そして一番のリスクとして覚えておきたいことは、汗腺を取り除く手術の場合医師の目視により行われますので、技術力が結果を左右するといってもよいでしょう。確実に汗腺を取り除けばワキガが治らないという悩みは解決できますが、場合によってはお金をかけて手術しても再発する可能性があるのです。

 

合併症に注意しよう

 

ワキガが治らない悩みを抱えた人には手術はとても魅力だと思いますが、ワキガ手術で合併症を起こすケースも稀にありますのでご注意ください。

 

手術を受けた後に発生する術後臭はアポクリン腺を取り除いた際にエクリン線が刺激されて活発になり、ほかの部分から強いニオイを感じる人もいます。ワキガが治ってもほかのニオイが心配になるのでは手術をする意味がありませんよね。

 

多汗症の手術とワキガ治療を同時に受けることも可能ですが、その場合には代償性発汗という副作用が起こる可能性もありますので注意が必要です。すべての人に合併症や副作用が起こるものではありません。

 

しかしこのようなリスクがあることは必ず頭に入れておき、手術を受ける際はアフターケアが充実している病院選びをすることも必要ですね。

 

ワキガに特化したデオドラントを使ってみよう

ワキガが治らない!手術で治す方法とリスクを解説

 

ワキガが治らない時は手術も改善策のひとつではありますが、症状の度合や体質によっては手術が適さないこともあります。ワキガによいデオドラントはクリームタイプのワキガ専用のものがオススメ。殺菌と抑汗効果があるデオドラントを毎日使ってニオイ対策を続ければ頑固なワキガも徐々に軽減されていきます。

 

たとえワキガ手術を受けてもワキガ対策を全くしなくてもよいワケではなく、結局市販のデオドラントを使って毎日予防をしている人がほとんどです。それならばリスクを考えてまずはワキガクリームで普段のニオイ対策をはじめてみませんか。

 

クリームは汗をかきやすいワキの性質に特化していますので、有効成分が浸透して流れにくいメリットがあります。またクリームは長時間効果が持続するため、一日中ニオイを心配するストレスや不安もなくなりますよ。

 

ワキガは自分で治せるものがほとんどといわれていますので、ワキガが治らない人は手術を考える前にデオドラントの見直しをしてはいかがでしょうか。

              

関連ページ

クリームタイプは制汗にメリット!デメリットはある?
ワキガクリームはワキガに特化した制汗剤で効果が高いことから、最近ニオイ対策として注目されていますよね。ワキガクリームだからこそできるニオイ対策があり、しっかり治したい人にはワキガクリームがオススメなのです。ワキガクリームを使うメリットとデメリットについてみていきたいと思います。
子供の臭い対策にクリームを使っても大丈夫?
ワキガというととうしても大人ばかりにターゲットが置かれてしまいますが、小さい子供でもワキガの悩みを抱えている場合がありますよね。ワキガクリームでワキガを治すのは、子供の場合は適しているのか、またどのようなワキガクリームが使えるのか子供のワキガ対策についてみていきましょう。
スプレーじゃダメ?クリームが向いている人の特徴を解説!
近年とても話題を集めているワキガクリーム。ワキガ対策として効果が高い制汗剤ですが、どんな人が使うべきなのかワキガクリーム向きの人の特徴についてみていきたいと思います。
敏感肌でも使える?クリーム選びのポイントを解説!
デオドラント剤も肌タイプに合わせてえらばないといけない為、敏感肌だとさらに選択肢が少なくなってしまいますよね。ワキガクリームは敏感肌の人はどんな点に注意して選ぶべきなのか、また肌が弱い人は日頃どんな対策をするとよいのか覚えておきたい大切なポイントをご紹介したいと思います。
10代でおすすめのクリームを見つけるためのコツを解説!
ワキガクリームのおすすめはどれを使えばいいのか、ワキガ症状の度合や肌タイプによっても選ぶものが違います。10代は体がまだ発育途中で代謝も活発です。ワキガが原因で友達からからかわれてしまうこともあるかもしれません。コンプレックスになる時期なのでしっかり対処できるワキガクリームを選びましょう。
知らないと損!ワキガクリームのメリットとは
ワキガクリームは普通のスプレー制汗剤よりも優れた点が色々あるのですが、まだメリットを正しく理解していない人も多く存在しています。ワキガにはなぜワキガクリームがいいのか、知らないと損をする瞬間についてご紹介しましょう。
デメリットを知った上でうまく使いこなそう!
デオドラントはスプレーじゃないとダメ、という人もいると思いますが、どんな制汗剤もメリットとデメリットがあります。ワキガクリームのデメリットになることってどのような点が挙げられるのでしょうか。正しく使うためにもワキガクリームのデメリットについて詳しく見ていきましょう。
消臭成分が効果の決め手!主な成分の特徴と効果を解説!
ワキガクリームの成分はなぜワキガの悪臭に対抗できるのかちょっと気になりませんか。デオドラント商品で使用される消臭成分は色々ありますので、ワキガにはどのような成分がいいのか正しく判断するためにも、消臭効果が高い成分についていくつか見ていきたいと思います。
ワキガに逆効果!?制汗剤はここに注意
制汗剤によってワキガに逆効果になるってことをご存知でしたか?せっかく効果を期待したのにニオイが悪化なんてことだけは避けたいですよね。どうすれば正しいニオイ対策ができるか、制汗剤でワキガに逆効果になるケースについて詳しく見ていきましょう。
自分ではわからないワキガ!そのチェック方法とは?
自分ではわからないワキガ、そのチェック方法とは色々ありますが大切なのはニオイを自覚して適切な対処をすることです。自分ではわからないワキガ、そのチェック方法とはどうすればいいのか、洋服で確認する方法をご紹介したいと思います。
子供も?ワキガの人が増えてる理由は?食生活の変化に注目
ワキガの人が増えてるといわれていますが、様々な要因があるなか特に注目したいのが食生活です。食文化の変化は体臭にも影響を与えワキガの人が増えてる原因にもなっています。そこで早速ですが、食生活によるワキガ原因、どのような点を注意するべきなのか、また食べ物によりニオイが強くなる仕組みについてご説明したいと思います。
スソガもワキガクリームで改善できる!その理由を解説
スソガって女性独特の悩みでどんな解決策があるのか、友達に相談するのも恥ずかしいことですよね。そのため自己流でケアする人がとても多く、なかなか効果的なスソガ対策ができない現状があります。スソガにはワキガクリームがとても良いということは一部の方は既にご存知だと思いますが、なぜワキとデリケートゾーンが同じもので消臭できるのかちょっと不思議に感じませんか。そこでスソガの悩みをお持ちの人にぜひ知っておいてほしいのがワキガクリームでスソガが改善できる理由について。ワキガとスソガのメカニズムを理解すると正しい対策を見つけやすくなりますよ。
このページの先頭へ