敏感肌でも使える?クリーム選びのポイントを解説!

MENU

敏感肌でも使える?クリーム選びのポイントを解説!

ワキガクリームは肌にあうタイプを選ぶのが最も大切な点ですが、ワキガはそもそも健康な肌だけでなく敏感肌、アトピーなどにもおこる症状です。ということはデオドラント剤も肌タイプに合わせてえらばないといけない為、敏感肌だとさらに選択肢が少なくなってしまいますよね。

 

敏感肌でも使える?クリーム選びのポイントを解説!

 

ワキガクリームは敏感肌の人はどんな点に注意して選ぶべきなのか、また肌が弱い人は日頃どんな対策をするとよいのか覚えておきたい大切なポイントをご紹介したいと思います。

 

ワキガクリーム選びで敏感肌が注意したいのは

  • 敏感肌こそ制汗剤が必要
  • 添加物に注意する
  • 保湿成分が配合されているか
  • 塗り直しが必要ないタイプ
  • 返金保証がある商品を使う

以上5つのポイントをご説明します。

 

敏感肌だからこそワキガ対策が必要

ワキガクリームでも肌に合わないものだと、使う意味がありませんよね。敏感肌の場合は制汗剤を使うのは大きなチャレンジになりますが、なにもしないとさらにニオイが悪化してしまいます。

 

敏感肌の特徴として肌のバリア機能が弱い点があり、肌の水分が外へ逃げやすくなっている状態。ワキガの原因はアポクリン腺から出る汗の成分なのですが、敏感肌だと皮脂腺の働きが不安定で皮脂が過剰に分泌される可能性があります。

 

また肌にダメージを受けやすいため健康な肌よりも菌が繁殖しやすい環境が整っていますのでワキガを悪化させない為にも、なにもつけないよりは肌に合ったワキガクリームを使用することをオススメします。

 

肌に刺激が強い添加物が使用されないものを選ぶ

 

ワキガクリームを敏感肌の人が選ぶ際にまず注意したいのが添加物です。制汗剤には香料、アルコール、着色料、パラベンなど肌に刺激を与える人口添加物が配合されています。このような成分を除いて殺菌と消臭ができるタイプを選べば、基本的に敏感肌でもワキガ対策で失敗することはありません。

 

ニオイ対策で間違ってしまうのが「香料」。スプレータイプやロールオンなどの制汗剤にはほとんどといってよいほど香料が配合されていますよね。消臭効果よりも香りの違いで選んでしまう人も少なくありません。

 

敏感肌にはワキガクリームでも無香料タイプ、肌に刺激がある添加物を使用しないもので少しでもダメージを減らすことが大切です。

 

保湿成分が配合されたワキガクリームを選ぶ

敏感肌は肌の水分量が少ないので乾燥しやすい点が特徴です。ワキガクリームは消臭と制汗が基本的な効果ですが、さらに肌の働きを安定させるための保湿成分が配合されています。保湿成分がなぜワキガに必要なのか、ピンとこない人もいるかもしれませんね。

 

そもそも皮膚の常在菌はアポクリン腺の汗成分をエサとして増殖しています。そこに皮脂がプラスされるとさらに菌が繁殖しやすくなるため、皮脂バランスが悪い敏感肌には保湿成分が欠かせないのです。

 

また摩擦が激しいワキは敏感肌の場合ダメージを受け続けていますので、お風呂に入った後に保湿をするなど、ニオイケアと一緒に普段から注意しておきましょう。

 

塗り直しがいらないクリームを選ぶ

ワキガクリームは敏感肌の人が使用する場合は、できるだけ塗布する際の摩擦回数を減らすほうが安心です。スプレータイプやロールオンでは効果が持続しないので、頻繁に使用してしまいます。すると肌に加わる負担がさらに増えてしまいますし、摩擦回数が多くなるほど肌のバリア機能も低下するのです。

 

ワキガクリームが敏感肌に良い理由は塗り直しが少ないこと。効果が高いクリームなら1日1回で十分に効き目が続きますよ。

 

ワキガは自分よりも周囲の方が早く気が付くものですから、1日不安をなくして生活したいですよね。そんな時にも安心なワキガクリームは敏感肌に優しく効き目を発揮してくれる為、肌の機能も安定するメリットがあります。

 

返金保証があるワキガクリームからトライしよう

アトピー肌や敏感肌でも使用ができるワキガクリームは色々ありますが、いきなり購入するのはやはり抵抗がありますよね。安心して使用するにはサンプルやトライアルがあるといいのですが、ドラッグストアの商品にはこのようなメリットはありません。

 

そこでオススメなのが通販のワキガクリーム。返金保証がある商品なら万が一肌に合わない場合でも安心ですし、気になる商品を比較できるチャンス。人気のワキガクリームはほとんどの商品で返金保証がついていますので、敏感肌の人にとっても安心です。

 

それぞれの商品の公式サイトをチェックすると、敏感肌やアトピーでも使えるかどうかコメントされていますし、心配な場合はカスタマーセンターに問い合わせすることも可能です。

              

関連ページ

クリームタイプは制汗にメリット!デメリットはある?
ワキガクリームはワキガに特化した制汗剤で効果が高いことから、最近ニオイ対策として注目されていますよね。ワキガクリームだからこそできるニオイ対策があり、しっかり治したい人にはワキガクリームがオススメなのです。ワキガクリームを使うメリットとデメリットについてみていきたいと思います。
子供の臭い対策にクリームを使っても大丈夫?
ワキガというととうしても大人ばかりにターゲットが置かれてしまいますが、小さい子供でもワキガの悩みを抱えている場合がありますよね。ワキガクリームでワキガを治すのは、子供の場合は適しているのか、またどのようなワキガクリームが使えるのか子供のワキガ対策についてみていきましょう。
スプレーじゃダメ?クリームが向いている人の特徴を解説!
近年とても話題を集めているワキガクリーム。ワキガ対策として効果が高い制汗剤ですが、どんな人が使うべきなのかワキガクリーム向きの人の特徴についてみていきたいと思います。
10代でおすすめのクリームを見つけるためのコツを解説!
ワキガクリームのおすすめはどれを使えばいいのか、ワキガ症状の度合や肌タイプによっても選ぶものが違います。10代は体がまだ発育途中で代謝も活発です。ワキガが原因で友達からからかわれてしまうこともあるかもしれません。コンプレックスになる時期なのでしっかり対処できるワキガクリームを選びましょう。
知らないと損!ワキガクリームのメリットとは
ワキガクリームは普通のスプレー制汗剤よりも優れた点が色々あるのですが、まだメリットを正しく理解していない人も多く存在しています。ワキガにはなぜワキガクリームがいいのか、知らないと損をする瞬間についてご紹介しましょう。
デメリットを知った上でうまく使いこなそう!
デオドラントはスプレーじゃないとダメ、という人もいると思いますが、どんな制汗剤もメリットとデメリットがあります。ワキガクリームのデメリットになることってどのような点が挙げられるのでしょうか。正しく使うためにもワキガクリームのデメリットについて詳しく見ていきましょう。
消臭成分が効果の決め手!主な成分の特徴と効果を解説!
ワキガクリームの成分はなぜワキガの悪臭に対抗できるのかちょっと気になりませんか。デオドラント商品で使用される消臭成分は色々ありますので、ワキガにはどのような成分がいいのか正しく判断するためにも、消臭効果が高い成分についていくつか見ていきたいと思います。
ワキガに逆効果!?制汗剤はここに注意
制汗剤によってワキガに逆効果になるってことをご存知でしたか?せっかく効果を期待したのにニオイが悪化なんてことだけは避けたいですよね。どうすれば正しいニオイ対策ができるか、制汗剤でワキガに逆効果になるケースについて詳しく見ていきましょう。
自分ではわからないワキガ!そのチェック方法とは?
自分ではわからないワキガ、そのチェック方法とは色々ありますが大切なのはニオイを自覚して適切な対処をすることです。自分ではわからないワキガ、そのチェック方法とはどうすればいいのか、洋服で確認する方法をご紹介したいと思います。
子供も?ワキガの人が増えてる理由は?食生活の変化に注目
ワキガの人が増えてるといわれていますが、様々な要因があるなか特に注目したいのが食生活です。食文化の変化は体臭にも影響を与えワキガの人が増えてる原因にもなっています。そこで早速ですが、食生活によるワキガ原因、どのような点を注意するべきなのか、また食べ物によりニオイが強くなる仕組みについてご説明したいと思います。
スソガもワキガクリームで改善できる!その理由を解説
スソガって女性独特の悩みでどんな解決策があるのか、友達に相談するのも恥ずかしいことですよね。そのため自己流でケアする人がとても多く、なかなか効果的なスソガ対策ができない現状があります。スソガにはワキガクリームがとても良いということは一部の方は既にご存知だと思いますが、なぜワキとデリケートゾーンが同じもので消臭できるのかちょっと不思議に感じませんか。そこでスソガの悩みをお持ちの人にぜひ知っておいてほしいのがワキガクリームでスソガが改善できる理由について。ワキガとスソガのメカニズムを理解すると正しい対策を見つけやすくなりますよ。
ワキガが治らない!手術で治す方法とリスクを解説
ワキガが治らない時、市販のスプレーやロールオンの制汗剤だと効果が十分に感じられないことがありますよね。重度のワキガの場合には手術で治すことも可能。しかし手術はメリットだけでなくデメリットやリスクについても理解しないといけませんので、ワキガが治らない悩みを抱えている人は気軽に手術を考える前に慎重に判断してください。そこで早速ですが、ワキガが治らない場合の手術による改善策、どのような手術方法やリスクがあるのか詳しく見ていきましょう。
このページの先頭へ