ワキガクリームは海外にもある?アメリカで人気のクリームをチェック

MENU

ワキガクリームは海外にもある?アメリカで人気のクリームをチェック

ワキガクリームは海外にもある?アメリカで人気のクリームをチェック

 

ワキガ対策は日本だけでなく体臭が強い欧米人こそ、どんなデオドラントを使っているのかちょっと気になりますよね。最近はネットでなんでも買える時代になり、ワキガクリームを海外から購入している人も少なくありません。

 

日本人の肌には日本製のワキガクリームが一番ですが、海外ではどんな商品があるのか参考までにいくつか見ていきたいと思います。

 

デオドラント商品は消臭力が何よりも大切なポイントですが、毎日使うものなので自分の肌に一番合うものでないといけません。そこで早速ですが体臭ケアの進んだアメリカで人気がある7つのワキガクリームをご紹介したいと思います。

 

アメリカで人気のワキガクリームは

  • 葛粉入り
  • 重曹フリークリーム
  • 7日間持続するクリーム
  • 濃厚で効き目が抜群
  • 敏感肌用のオーガニック
  • 吸収が早い
  • 抗菌効果が高い

以上7つの商品を見ていきましょう。

 

葛粉入りのちょっと変わったワキガクリーム

 

葛粉(くずこ)は日本ではくずもちやデザートなどで使う食べ物ですが、ワキガクリームの海外で驚きなものはアメリカで販売されている葛粉入りの商品です。

 

葛粉自体は栄養価が意外と高く健康食品としても人気がありますが、ワキガクリームになぜ含まれているのか、その理由は吸汗性が高くワキが一日さらっとして過ごせるためなのです。

 

「ミルク+ハニー」というワキガクリームは葛粉を使用した商品でジャー入りタイプで一つ日本円で約1800円。オーガニックでココナッツとバニラの天然エキスが配合されとてもアロマチックな香りも人気がありますよ。

 

肌に刺激が強い成分を使用せず、香りはココナッツ以外にもオレンジやレモングラスなどもあり、汗かきタイプのワキガの人に人気があります。

 

重曹なしのワキガクリーム

 

重曹は消臭効果が高いので家庭でできるワキガ対策ではよく使われるお馴染みのアイテムですが、食べ物なので肌に安全だけど重曹はちょっと、という人も少なくありません。

 

そんな人に注目されているのが「ミャオミャオツイート」というワキガクリームで重曹を一切していない点が人気になっています。ラベンダーのエッセンシャルオイルで香りと肌の保湿をサポート、天然成分の植物オイルで肌の乾燥を防ぐ働きは、脱毛を繰り返すワキの美肌にもメリットになります。

 

ミネラルパウダーが肌のPHバランスを整えてくれるので、菌の活動も抑制され嫌な臭いからワキをしっかり守ってくれます。ジャー入りタイプで値段は日本円で1800円前後。可愛いラベルのデザインがワキガクリームとは思えないのが海外の商品らしいところです。

 

7日間持続する最強のワキガクリーム

 

ワキガクリームは海外の商品なら相当効き目が強いのでは?とイメージを持たれる方は多いと思いますが、アメリカの商品にはそんな期待を裏切らない7日間持続するワキガクリームなんてものが存在しています。

 

「ラヴィリン」というクリームはパラベン、アルコールなどの添加物を使用しない肌に優しい設計になっていますが、消臭効果はなんと最大で7日間も続くという点が宣伝文句になっています。

 

皮膚の常在菌の働きをバイオの力で抑制し根本からニオイをブロック。美容クリームのようなデザインでワキガクリームと気が付く人はいないかもしれませんね。

 

ラヴィリンはクリームタイプだけでなくローンオンなども販売していますので、もし海外旅行に行くことがあったら探してみるのもよいでしょう。

 

濃厚で効き目が抜群なワキガクリーム

 

体臭が強い欧米人、とくにアメリカでは色々なデオドラント商品が販売されていますが、一般的に使われるのはスティックタイプで市場の8割ほどを占めているといわれています。スプレーなんかではまったく効き目がなく、肌にしっかりと塗布できるタイプが人気がありワキガクリームも注目されていますよ。

 

そんななかでも受賞歴がある話題のワキガクリームが「シュミッツ」で、有効成分が濃厚配合されているので少量を肌に伸ばして使うだけで抜群のデオドラント効果が得られるものです。銀パウダーを使用せず浸透性が高いテクスチャーでお風呂上りにも使いやすいと人気。

 

ラベンダーとセージの天然の香りがワキガ臭を中和して自然にほのかな良い香りへと変えてくれます。ジャー入りでひとつ日本円で約1300円。

 

敏感肌用のオーガニック系のワキガクリーム

 

ワキガクリームは海外の商品はどれも刺激が強くて日本人の肌には合わないものが多いですが、体臭が強くても欧米人の人のなかには敏感肌で困っている人も少なくありません。

 

そんなデリケートタイプに向けて作られたのが「Kaiame」というオーガニックのワキガクリーム。100%オーガニックで添加物を一切使用していない点が魅力で、ヒリヒリやかゆみなどの不快な症状がないところが敏感肌に人気となっています。

 

少量の重曹、炭など天然の消臭作用を持つ成分をバランスよく配合し吸汗性を高め一日ワキがさらっとしていることも人気。アロマで殺菌作用が高いことで有名なティーツリーオイルが配合されていますので、自然な香りで快適なワキガケアができますね。ジャー入りで値段は日本円で約1400円。

 

吸収が早いワキガクリーム

 

ワキガクリームは海外の商品だとべたつきが気になるという方も少なくありませんが、さらっと吸収が早く使用感が人気になっているのが「ソープワラ」という商品です。

 

粒子の細かいベジタブルパウダーとクレイ成分を配合し、ティーツリー、ペパーミント、ラベンダーなどのアロマの香りがうまくブレンドされ、とてもおしゃれなワキガケアができます。

 

ワキガの原因となるバクテリアの活動を抑止して持続力もあることからとても話題になっているワキガクリームです。肌タイプはどんな人でも使えますので、敏感肌のワキガケアにもオススメ。クリームタイプはなかなか肌に浸透しないタイプが多いので、手早く使うにはスティックやスプレーを使いたくなるでしょう。

 

浸透性の速さを求める人にオススメのこの商品は、プラスチック容器入りで値段は日本円で2000円ほどになりますのでちょっと高めですね。

 

菌の活動をストップする抗菌タイプ

 

ワキガは皮膚の菌が存在する限り、ニオイを軽減するのは難しいこと。抗菌作用に優れたワキガクリームとして人気がある「プライマル ピット ペースト」はココナッツオイルやシエバターなど天然の抗菌成分をブレンドして保湿しながらワキガ対策する点が特徴です。

 

香料は天然エキスを使用していますので肌に刺激がなくほんのりと香水をつけたような素敵な効果があり、香りのバラエティも豊富。ラベンダーはそのなかでも一番の人気商品で、ほかにもジャスミン、ココナッツライム、セージ、レモンライム、デトックスタイプ 無香料など色々品揃えがあります。

 

ジャー入りで値段は日本円で1000円~1500円、たっぷり使えるのでコスパがよいワキガクリームですね。

              

関連ページ

意外!アメリカ人が家庭でやっているワキガ対策14選
日本も最近は食生活が欧米化したりライフスタイルの変化でかなりワキガが強烈な人が増えています。日本では優秀なワキガクリームが人気になっていますが、ニオイケアをする際にふと気になるのが海外ではどんな方法でワキガ対策しているのか?ということですよね。アメリカではどんな方法で皆さんニオイケアをしているのか、家にあるものを使った方法についてご紹介しましょう。
子どもの頃からデオドラント習慣!海外のワキガ事情
海外のワキガ事情って一体どうなっているのか、日本のワキガ体質の皆さんはちょっと気になる点でしょう。日本と一番の違いはワキガ対策をスタートする年齢です。小さな子供もしっかりデオドラントを使うのは欧米文化のエチケットといえますね。そこでアメリカを例にとり海外のワキガ事情について見ていきたいと思います。
ワキガはセルフケアで改善できる!アメリカの定番「アップルサイダービネガー」とは?
体臭が強い欧米人のワキガ対策ってどうしているのかちょっと気になりませんか。肉食でジャンクフードばかり食べていたら体臭自体が強くなるのは避けらないこと。そんな欧米人のきつい体臭はワキから発するニオイがとても強烈ですよね。一般的な対策は市販のデオドラントを使ったセルフケアですが、さらにワキガに効果を発揮するものとして「アップルサイダービネガー」という酢が定番になっています。どのような働きやワキガにメリットがあるのか早速詳しくみていきましょう。
このページの先頭へ