子どもの頃からデオドラント習慣!海外のワキガ事情

MENU

子どもの頃からデオドラント習慣!海外のワキガ事情

子どもの頃からデオドラント習慣!海外のワキガ事情

 

海外のワキガ事情って一体どうなっているのか、日本のワキガ体質の皆さんはちょっと気になる点でしょう。体臭がきつい欧米の人達はワキガに対してどんな思いを寄せているのか、そして対策としてはどんなことを行っているのか、日本と一番の違いはワキガ対策をスタートする年齢です。

 

小さな子供もしっかりデオドラントを使うのは欧米文化のエチケットといえますね。そこでアメリカを例にとり海外のワキガ事情について見ていきたいと思います。

 

子供も当たり前!ニオイケアが進んでいるアメリカの事情

子どもの頃からデオドラント習慣!海外のワキガ事情

 

ワキガが強くなるのはホルモン分泌が活発になる思春期の頃といわれていますが、アメリカでは小さな子供もシャワーの後には必ずデオドラントをする習慣があります。体臭が強い人種だからこそニオイにはとても敏感であることが必要で、とくに小さな子供の場合体臭やワキガがいじめの原因になってしまうことが懸念されます。

 

アメリカでは子供用のデオドラント商品も多く、大人と兼用できる無添加タイプなども種類豊富に販売されています。海外のワキガ事情は日本以上に皆さん敏感になっているので、中学生や高校生になると体育の時間には必ずデオドラントを持参することが学校からもいわれるほどなのです。

 

どんなワキガ対策をしているの?

子どもの頃からデオドラント習慣!海外のワキガ事情

 

海外のワキガ事情はそれぞれの国の文化や生活習慣により異なりますが、アメリカの場合は日本と同じく市販のデオドラント商品を使うことが一般的なケア方法です。体臭が強いのでスティックタイプやロールオンがメインになり、ワキガ臭にターゲットを置く場合はワキガクリームでしっかりケアをする人もいますよ。

 

市販のデオドラント商品はメンズとレディースが分かれているだけでなく、持続時間の違い、香り、スポーツ用などそれぞれの目的別によって異なります。そのため自分に合った商品を見つけやすい点はありますが、配合成分も色々なので刺激が強いデオドラントも決して少なくありません。

 

ワキガは人の迷惑になるという意識を持つこと

 

アメリカでは小さいころから体臭に関してはとても敏感で、子供用のデオドラント商品も種類豊富に販売されています。ワキガは人の迷惑になるものという意識を小さい頃から持っているため、自分のニオイだけでなく人のニオイにもとても敏感です。

 

アメリカのデオドラント商品はほとんどが香料を使ったタイプが多く、日本のように無香料のワキガクリームが人気なのとは若干異なる傾向があるようですね。

 

スティックタイプやロールオンがメインとなるアメリカのデオドラント習慣、どんな商品を使うにせよ小さい頃からワキガは迷惑なものとして受け止める習慣はエチケットとして大切です。

 

海外のワキガ事情を見ると日本と違う点は色々ありますが、食べ物やライフスタイルがどんどん欧米化する日本でも、ニオイに対する意識は高めるべきなのかもしれませんね。

              

関連ページ

意外!アメリカ人が家庭でやっているワキガ対策14選
日本も最近は食生活が欧米化したりライフスタイルの変化でかなりワキガが強烈な人が増えています。日本では優秀なワキガクリームが人気になっていますが、ニオイケアをする際にふと気になるのが海外ではどんな方法でワキガ対策しているのか?ということですよね。アメリカではどんな方法で皆さんニオイケアをしているのか、家にあるものを使った方法についてご紹介しましょう。
ワキガクリームは海外にもある?アメリカで人気のクリームをチェック
ワキガ対策は日本だけでなく体臭が強い欧米人こそ、どんなデオドラントを使っているのかちょっと気になりますよね。デオドラント商品は消臭力が何よりも大切なポイントですが、毎日使うものなので自分の肌に一番合うものでないといけません。そこで早速ですが体臭ケアの進んだアメリカで人気がある7つのワキガクリームをご紹介したいと思います。
ワキガはセルフケアで改善できる!アメリカの定番「アップルサイダービネガー」とは?
体臭が強い欧米人のワキガ対策ってどうしているのかちょっと気になりませんか。肉食でジャンクフードばかり食べていたら体臭自体が強くなるのは避けらないこと。そんな欧米人のきつい体臭はワキから発するニオイがとても強烈ですよね。一般的な対策は市販のデオドラントを使ったセルフケアですが、さらにワキガに効果を発揮するものとして「アップルサイダービネガー」という酢が定番になっています。どのような働きやワキガにメリットがあるのか早速詳しくみていきましょう。
このページの先頭へ