クリームを効果的に使うために!柿渋入りの石鹸がおすすめな理由

MENU

クリームを効果的に使うために!柿渋入りの石鹸がおすすめな理由

クリームを効果的に使うために!柿渋入りの石鹸がおすすめな理由

 

ワキガクリームをもっと効果的に働かせるためには、できるだけ皮膚の菌を減らす対策が必要です。汗をかいたまま、皮脂で汚れたままの肌にワキガクリームをつけてもすでに菌が繁殖した状態なので、期待したほど消臭効果がでないという場合があるのです。

 

ワキガクリームの使い方の失敗で最も多いこのようなタイミングをなくすためには、肌を綺麗にした状態でクリームを使用しましょう。

 

そこで覚えておきたいのが、お風呂で使うボディソープなどの石鹸類です。少しでも殺菌効果があったほうがワキガクリームの有効成分が働きやすくなります。デオドラント業界で今注目されている「柿渋」入りの石鹸の特徴や効果についてみていきましょう。

 

ワキガクリームと相性が良い柿渋石鹸とは

  • 柿渋とは
  • 柿渋の効果
  • 柿渋をサポートする成分
  • ワキの洗い方
  • ワキガによいお風呂の入り方

以上5つのポイントを見ていきます。

 

柿渋の正体とはなに?

柿渋というだけあり、この成分は柿から抽出されるものであることはなんとなくわかりますよね。でもデオドラントと柿がどんな関係があるのか、ちょっとイメージしにくいと思います。そこでワキガクリームを効果的に使ってニオイ対策をするために知っておきたい「柿渋」とは、どんな特徴があるのかご説明していきましょう。

 

柿渋は未熟の渋柿をつぶし発酵して濾過したもの。柿渋の働きは様々な場面で活用されていますが、近年体臭予防のボディソープの成分としてお馴染みですよね。抽出された柿渋のなかには「柿タンニン」と呼ばれる成分が含まれています。この成分には防腐、防水、防虫効果などがあり自然塗料として使われることが多くなっています。

 

柿渋は江戸時代以前より木製家具の塗料として使用され、紙や布の補強としも使われることがあります。また塗料としてだけでなく、柿渋は高血圧の降下剤、火傷、二日酔い、などにも効果があり漢方薬としての働きもあるのです。

 

柿渋がワキガに与えるメリットってなに?

柿渋石鹸は加齢臭やワキガにとても効果があるので、ボディソープの成分としても人気が高まっていますよね。そもそも柿渋は塗料などとして使っていますが、なぜワキガによいのかピンとこない人も多いと思います。

 

柿渋に含まれている「柿渋ポリフェノール」は、様々な悪臭の分子を吸い寄せて無臭化する働きが特徴。また皮脂腺から分泌された皮脂が活性酸素によって酸化して発生する、「ノネナール」というニオイの物質を抑制する働きがありますので、加齢臭対策としても注目されています。

 

柿タンニンは消臭や殺菌の働きがあり、ワキガのように菌が増殖しやすい環境を清潔にするためにとても高い効果を発揮してくれます。ワキガだけでなく足のニオイ、デリケートゾーン、など色々な悪臭対策に効果が期待できるので、ワキガクリームをもっと効果的に使いたい時は肌を洗う段階から柿渋をプラスするとよいでしょう。

 

柿渋石鹸はボディソープのような液体タイプや固形石鹸があります。製造過程で成分がシンプルに作れる固形石鹸のほうがワキガ対策にはよいでしょう。

 

柿渋石鹸に含まれているとよいサポート成分

柿渋入りの石鹸はワキガクリームの有効成分を効果的に肌に浸透させるため、汚れをしっかり落とし菌の働きを抑制してくれる優れもの。柿渋は植物成分なので肌に与える刺激がなく敏感肌の人でも安心して使える点がメリットですね。

でも柿渋石鹸は男性の利用者も多く、洗いあがりがさっぱりするタイプが多いといわれています。ワキガは皮脂のバランスをコントロールする点も重要なので、皮脂をしっかり洗い流してしまうほどの洗浄力があると逆に肌が乾燥して、皮脂が過剰分泌される恐れがあります。

 

そこで柿渋石鹸にはワキガ対策にメリットになるいくつかの配合成分があり、柿渋をサポートするためにまず保湿成分を意識してみましょう。ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分は肌の汚れをしっかり落として肌の潤いを守ってくれます。

 

さらにワキガクリームを効果的にするための消臭成分として、ハーブ系の天然消臭成分や茶カテキンなどが含まれているとさらに効果が期待できますね。

 

ワキガの人は洗い方にも工夫が必要!

ワキガの人は汚れを取りたくてついゴシゴシ肌をこすりたくなるでしょう。でも肌の摩擦はバリア機能を破壊して肌の水分が減ってしまう原因。乾燥すると余分な皮脂が分泌されますし、摩擦で肌が傷つくとそこから菌が発生する可能性もありますよ。

 

ワキガ体質の人は洗う時に石鹸の泡をたっぷり作って優しく押し付けるように洗ってください。目の粗いタオルやボディブラシを使うとワキガには逆効果になることも。また綺麗に洗った後は石鹸成分が肌に残らないようにしっかりすすぎをやってくださいね。

 

ワキガクリームを効果的に使うためには肌が有効成分をしっかり吸収できるように働きを活発にしておくこともポイントですよ。

 

やってみよう!ワキガ体質によいお風呂の入り方について

ワキガのニオイの元になるアポクリン腺という汗腺は、体内の老廃物を汗として出す働きがありますので、汗腺を鍛えるとデトックス効果がアップしてニオイ対策にメリット。汗をかくにはぬるま湯の半身浴で全身からゆっくり汗をかき汗腺を鍛えましょう。

 

そして汗をかいたら柿渋入りの石鹸などを使ってしっかり汚れをとること。最後にもう一度湯舟に浸かって汗をかいたら、仕上げにぬるま湯や水のシャワーをさっと浴びて体温を下げてください。

 

すると毛穴が引き締まり入浴後に噴き出る汗の量を減らすこともできますので、さらにワキガクリームの有効成分も働きやすくなります。ワキガ対策は殺菌と制汗が重要なポイントになりますので、入浴時からニオイ対策を意識してみましょう。

              

関連ページ

そのクリームは安全?買う前にチェックしておきたいポイントとは
ワキガクリームを安全に使用するためには、配合成分をじっくり吟味しないといけません。人気のワキガクリームですが、クリームというテクスチャーのため肌に色々な影響を与えます。そこで皆さんが気になるワキガクリームの安全性をチェックするポイントについてご紹介しましょう。
敏感肌はここに注意!5つのポイントを解説
ワキガクリームは敏感肌の人でも使える優しいタイプもありますが、消臭効果が強すぎて肌に負担になるクリームももちろん存在します。そこで敏感肌がワキガクリームを使用する際に注意したい5つのポイントを見ていきましょう。
子供のニオイケアはここに注意!安全に使うポイントを解説
子供のワキガクリームの使い方は大人とは違い、ちょっと工夫しないと効果がしっかり発揮されないことがあります。大人のワキガ対策で人気があるワキガクリーム。子供の場合はどんな点に注意して安全に使用するとよいか、使い方のコツについてご紹介しましょう。
スソガにクリームを使うときはここに注意!
スソガは女性にとってとても恥ずかしい悩みですよね。彼氏が欲しいけどスソガだとやっぱり無理、なんて諦めている人もいるかもしれません。スソガをワキガクリームでどうやって対処するとよいか、効果を引き出すコツについてご紹介しましょう。
このページの先頭へ