そのクリームは安全?買う前にチェックしておきたいポイントとは

MENU

そのクリームは安全?買う前にチェックしておきたいポイントとは

そのクリームは安全?買う前にチェックしておきたいポイントとは

 

ワキガクリームを安全に使用するためには、配合成分をじっくり吟味しないといけません。また利用者の口コミや人気ランキングを参考にして、安心できるクリームを選ぶのもよい方法のひとつ。

 

ワキガクリームだけに限らず、制汗剤を使っていてかぶれや肌のかゆみ、湿疹などのトラブルを経験したことがある人は多いと思います。ニオイ対策には休みがありませんので、肌トラブルを起こすような制汗剤はまず使用を避けたいですよね。

 

人気のワキガクリームですが、クリームというテクスチャーのため肌に色々な影響を与えます。そこで皆さんが気になるワキガクリームの安全性をチェックするポイントについてご紹介しましょう。

 

ワキガクリームの安全性をチェックするには

  • 刺激の強い有効成分はNG
  • 添加物の不使用
  • パッチテスト実施
  • 日本製を選ぶ
  • 使用回数が少ないもの

以上5つのポイントをご説明しましょう。

 

ワキガクリームを安全に使用するには配合成分をチェックする

ワキガクリームは数百円~数千円と値段の幅が広く、毎日使うものなのでコスパを気にして安価な商品を選ぶ人も少なくないですよね。また消臭効果だけを意識して選んでしまうと、肌に刺激となる成分が配合されている可能性もありますので肌が敏感な人はとくに注意しましょう。

 

刺激成分として注意したいのは塩化ベンザルコニウムと呼ばれる殺菌成分。この成分は消毒薬にも使用され皮膚の菌をブロックする目的でワキガクリームに使用されています。

 

ニオイ対策には菌の抑制が大切なポイントなのですが、あまりにも刺激が強いと肌の働きに影響するだけでなく、肌の善玉菌まで死滅して菌のバランスが悪くなることも。本来は消臭目的で使用する有効成分ですが、含有量が多いタイプは発疹やかゆみの原因になる場合もあります。

 

またよく見かける銀含有ゼオライト配合の制汗剤。銀イオンとも呼ばれるこの成分は殺菌と消臭が目的。人体に与える毒性は少ないものの、長期的に使用すると毒素として体に蓄積されてしまう可能性もありますし、金属アレルギーの人は注意しないといけません

 

添加物を配合したワキガクリームは肌の負担になる

ワキガクリームを安全に使うには、必ず無添加タイプを選びましょう。ワキガクリームにはまず人口香料が含まれていますよね。香料は肌のバリア機能を低下させる働きがあり乾燥を招くこともあります。

 

また防腐剤、パラベン、紫外線吸収剤、着色料、鉱物油、石油系界面活性剤などは肌に刺激になるので、長期間使用を続けるとワキガの改善以前に肌の働きが低下してしまいます。

 

安価なワキガクリームは製造コストを抑えるために、添加物を使用したタイプがとても多いので、安全性を重視するならば多少値段が高くても無添加タイプを選びたいですよね。

 

ドラッグストアで販売しているワキガクリームは比較的値段が安い商品が多いので、気軽に購入できるメリットがありますが反面添加物を使用したクリームも少なくありません。

 

通販限定のワキガクリームなら返金保証もありますので、まずは安全性を確かめたいという人にオススメです。

 

パッチテストを実施している商品を選ぼう

ワキガクリームが安全かどうか判断するためには、メーカーがパッチテストを行っているかどうかがチェックポイント。具体的なテスト内容としては、24時間単回皮膚接触による刺激性を皮膚科医が判定し、基準をクリアするかという検査があります。

 

またかゆみやヒリヒリといった肌の不快な症状を検査する低スティンギングテストと呼ばれる感応性テストで、同様に皮膚科医がスコア化して皮膚への刺激を検査します。

 

さらにアレルギーテストの基準をクリアするかどうか、さらにセシウムなどの放射性物質が検出されないかなど。肌への安全性についてはメーカーごとにこだわりがありますので、安心して使用するにはこのようなテストをしっかり実施しているメーカーのワキガクリームを選ぶとよいでしょう。敏感肌でも使用可能、小さい子供でもOKといった安全性の高いワキガクリームなら毎日安心して使えますね。

 

海外の商品よりも信頼できる日本製を購入しよう

ワキガクリームや制汗剤は海外の商品も近年市場に多く登場しています。香りが日本製とは違い、コロンをつけたような良い匂いがするものなど特徴的な商品が色々。しかし海外製の制汗剤は日本の安全基準とは異なるレベルで製造されている可能性がありますし、工場の衛生管理が行き届いていない場合もあります。

 

海外の制汗剤のほうが体臭の強い人には効果がありそうなイメージがありますが、日本人の肌に一番効果があるものはやはり国産の商品が一番。また衛生面や物流面なども日本産のほうが信頼できますし、安心して購入者の手元に到着するメリットがあります。

 

海外の制汗剤は香りがいいから、珍しいからという理由で簡単に選んでしまう人も多いでしょう。でも実際に使用したら肌トラブルになったというケースも大変多く返品できずに泣き寝入りなんてこともありますよ。

 

使用頻度が少ないタイプがオススメ

ワキガクリームは汗と菌の対策が目的なので、しっかり有効成分の効き目を発揮させるためにはこまめに塗りなおしが必要になることも。汗をかくと流れやすいロールオンやスティック、肌にしっかり付着しないスプレータイプなどはワキガ臭がするたびに使用しないと安心できません。

 

でも頻繁に肌につけるとさらに負担が多くなりますので、できるだけ使用頻度が少ないタイプのほうが肌には安全です。ワキガクリームはほかのタイプの制汗剤と比べると効果が持続しやすい点がメリット。皮膚にしっかり成分が浸透するので、一日1回の使用でも十分消臭効果が続くのです。

 

スプレーのように一日持ち歩いて気になるたびにシュッとスプレーするのは、一番肌に悪い習慣。ワキガクリームなら肌に安全な使用頻度が維持できますので、肌が弱い人ほどオススメなのです。またクリームには肌の乾燥を予防する保湿成分が配合されていますので、肌の働きを守りながら消臭できる一石二鳥な便利アイテムですよ。

              

関連ページ

クリームを効果的に使うために!柿渋入りの石鹸がおすすめな理由
ワキガクリームをもっと効果的に働かせるためには、できるだけ皮膚の菌を減らす対策が必要です。そこで覚えておきたいのが、お風呂で使うボディソープなどの石鹸類です。デオドラント業界で今注目されている「柿渋」入りの石鹸の特徴や効果についてみていきましょう。
敏感肌はここに注意!5つのポイントを解説
ワキガクリームは敏感肌の人でも使える優しいタイプもありますが、消臭効果が強すぎて肌に負担になるクリームももちろん存在します。そこで敏感肌がワキガクリームを使用する際に注意したい5つのポイントを見ていきましょう。
子供のニオイケアはここに注意!安全に使うポイントを解説
子供のワキガクリームの使い方は大人とは違い、ちょっと工夫しないと効果がしっかり発揮されないことがあります。大人のワキガ対策で人気があるワキガクリーム。子供の場合はどんな点に注意して安全に使用するとよいか、使い方のコツについてご紹介しましょう。
スソガにクリームを使うときはここに注意!
スソガは女性にとってとても恥ずかしい悩みですよね。彼氏が欲しいけどスソガだとやっぱり無理、なんて諦めている人もいるかもしれません。スソガをワキガクリームでどうやって対処するとよいか、効果を引き出すコツについてご紹介しましょう。
このページの先頭へ