ワキガが原因で引き起こす病気があるって本当?

MENU

ワキガが原因で引き起こす病気があるって本当?

病気の症状として体臭が強くなる場合がありますが、その逆にワキガが原因で引き起こす病気も実は存在しています。ワキガを放置しておくと人目が気になるだけでなく、もっと自分には不利になることが増えてしまいますよ。ではワキガから始まる病気にはどのようなものがあるのか、詳しくご説明したいと思います。

 

ワキガが原因で引き起こす病気があるって本当?

 

ワキガが原因で起こる病気は

  • 自臭症
  • 対人恐怖症
  • 嗅覚参照症候群

以上3つの病気について詳しく見ていきましょう。

 

ワキガから起こる自臭症の特徴について

自己臭恐怖症、通称自臭症は自分のニオイの強弱にかかわらず、常に自分が臭いと思い込んでしまう心の病のひとつです。この症状は几帳面な人や潔癖症に現れやすいと言われていますが、ワキガを他人から指摘されたことがきっかけで思い込みが激しくなるケースが多いといわれています。

 

世界的にみると西洋人には少なく、グループ帰属したいという価値観を強く持つアジア人でとくに日本人に多く見られる傾向があります。症状としては自分のニオイが不安になり人ごみを避けたり密閉した狭い部屋のなどの空間を異常に避けるなど、基本的に他の人とのかかわりを排除してしまいます。

 

この疾患を治す為には根本的な原因となるワキガを治療すると自然と不安や恐怖心がなくなり完治していくケースが多いといわれています。重度の場合は被害妄想なども抱えている可能性がありますので、別途精神的なセラピーやカウンセリングなども必要になります。

 

ワキガが原因で対人恐怖症になる人急増

ワキガのニオイの強弱は個人差があり受け止め方も違います。同じニオイでも不快に感じる人や全く気にならない人もいますので、ワキガ対策はとてもデリケートな問題と言えますね。

 

ワキガから起こる症状として対人恐怖症があります。ストレス社会で対人恐怖症になる方は近年とても増加していますが、そのなかでワキガも決して無視をしてはいけない原因です。ワキガが他人にバレてしまうことで嫌われるのでは?相手にされないのでは?という不安から徐々に人を避けるようになり、さらに人目の対して過敏になっていきます。

 

そんなストレスやプレッシャーから逃れるために、自然と外に行くことを避け人に合うこと自体に恐怖を感じてしまいます。

 

対人恐怖症はとても些細なことがきっかけになるケースが多く、ワキガを指摘されたりからかわれたりする出来事により心に深く傷を負ってしまいます。子供の場合はいじめ対象になることもありますので、辛い環境を防ぐためにはしっかりワキガ対策をしておくことが大切です。

 

ワキガが引き起こす嗅覚参照症候群の特徴について

ニオイのエチケットはすべての人が気にする点ではありますが、実際に行う程度は個人差がありますよね。人よりもニオイに敏感な人はデオドラント対策にも力が入りますし、いつも良い香りにしておきたいという心がけがあります。ニオイははっきりと判断できないので、自分が敏感になることはとても大切です。

 

嗅覚参照症候群とは悪臭を発してしまうことに対して異常な恐怖を感じてしまう心の病気です。ニオイは口臭やワキガなど人に与えると不快に感じられるものが色々あり、これらの迷惑なニオイが自分では絶対に許されない悪いものだと判断してしまいます。

 

一日に何度もシャワーを浴びたり周囲に自分のニオイを頻繁に確認するなど、これらの行動が頻繁に起こるようになり香水をつけないと外出できない場合になることもあります。治療をするためにはニオイの原因を改善すると同時、精神面の治療も必要になっていきます。

              

関連ページ

手術で再発した時の対処方法について
病院で行うワキガ治療は外科的な手術から内服、外用薬などを使った方法など色々ありますが、頑固なワキガだと皮膚を切開してアポクリン腺を取り出す手術がメインとなっています。 完全に治るはずだったのに手術後にまたワキガが再発したというケースがありますが、気になる原因と対策について詳しく見ていきたいと思います。
デオドラントを使うと湿疹やかゆみが起こるのはアレルギー?
デオドラントを使うとワキがかゆくなったり湿疹が広がることがありますよね。健康な肌でもデオドラントの配合成分によっては刺激が強くトラブル原因になりかねません。異常を感じた場合はすぐに使用をストップして、気になる場合は病院で相談してください。ではなぜデオドラントで肌のトラブルになるのか、原因と対策について見ていきましょう。
このページの先頭へ